2006年09月23日

内戦記録

1戦目 ペルシア前衛(負け)
相手民兵まじりの槍散+塔というアグレッシブな構成。
小屋の近くに塔立てられた時って無視で正解だったんだろうか。
痛くはなかったはずだけど、ちょっと邪魔くさいんだよなぁ。
領主IN時はいい感じに小屋建てれて民兵痛くなかったんだけど
小競り合いしてるうちに軍生産と内政に差がついたっぽい。
つか、TCと畑ですね。
塔立てて何とか踏ん張ってみたものの逆も負けてて乙でした。

2戦目 ケルト前衛(勝ち)
なかなかggだったと思う。地形良くて弓して相手斥候。
斥候また流れたのかなぁとか思いつつ、弓で全然荒らせずに困った。
遊撃に行くと騎士に捕まり軍全滅2回という、調子に乗りすぎたのが勿体無かった。
騎士負けしてたっぽかったから帝王は矛で行って、パンツとか波状に徐々に
スイッチしてった感じ。貢ぎまくって少しはチームに貢献できたようで。
相手が2正面作戦ぽくてちょっとやりにくかったけど何とかなったのは
何故なんでしょうか@@

■総評
ケルト面白いかもしれない。バランスいいし決め手もあるし
何より内政が図太い。しばらく使ってみようかと思う。

リプレイ


posted by stang499 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | AOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。